リバウンドしないダイエット・応援館

リバウンドしないダイエットの方法は、存在します。でも日本中の多くの女性は、まだよく把握していないようです。

なぜなら、低カロリー置き換え食品が売れ続けているからです。またいろいろなダイエット法に関する書籍が、本屋に所狭しと並んでいます。これらが売上を伸ばしているということは、それだけ需要があるということです。

リバウンドしないダイエットは、このような「現れては消えていく、儚いダイエット方法」の中には、存在しません。どちらかというと、もっと地味で日常的な習慣の中にあります。

リバウンドとは、言うまでもなく、ダイエットする以前よりも太ってしまうことです。どうして、このようなことが起きるのでしょうか?まずはドカ食いがあります。食事制限がある程度は続いても、あるときをきっかけにして、一気に食べてしまい、それで逆戻りしてしまうわけです。

でも、それならたいした影響はないはずです。翌日から、また再挑戦すればよいのです。しかし、そううまくはいかないようです。一度ドカ食いしてしまうと、決壊した堤防のような状態に。理性の制御が利かなくなり、ダイエットのほうも自暴自棄になって、ダイエットに挫折・失敗していくことになるのです。ここに、「リバウンドしないダイエット」が必要とされる理由があります。

辛いダイエットの最中は、ずっとストレスを感じ続けています。すると脳の視床下部に変調を来たし、自律神経やホルモンの制御がうまくできなくなります。これが異常な食欲をわかせることになります。

また食べないダイエット法は、体を過酷な飢餓状態に置きます。そうすると、視床下部は恒常性のスイッチを作動し、全身の脂肪に対して、節約するように指令を出すのです。また食べ物から入ってきた栄養素を、できるだけ脂肪細胞に蓄積するようにも指令を出します。

極端な食事制限のダイエットをしている女性は、このような体内環境にあります。ですから、あるときをきっかけに、ちょっと多めに食べただけでリバウンドのキッカケになるのです。

リバウンドしないダイエットをしようと思うなら、まずは極度の食事制限をしないことが、第一条件です。低炭水化物ダイエットやカロリー置き換えダイエットは、リバウンドしたい人が行なう方法なのです。

またリバウンドしないためには、運動を取り入れることも必要です。とくに筋肉に刺激を与えるエクササイズは、リバウンドしないダイエットにおける防波堤の役割を果たします。たとえドカ食いしたとしても、豊富な筋肉が、リバウンドを防いでくれるのです。

リバウンドしないダイエットは、長い目で見れば、もっとも効率がよく、また短期ダイエットともいえます。なぜなら極端に食べないダイエットをして、短期間で痩せたとしても、そのあと戻ってしまえば、意味がありません。

健康的に正しいダイエット法なら、少しずつ体脂肪率が減っていくので、結局は、こちらのほうが早く痩せれるのです。急がば回れ、ということですね。リバウンドしないダイエット方法こそが、健康と美容を両方とも高める、唯一の道であることは間違いありません。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)