リバウンドしないダイエット・応援館TOP > リバウンドしない方法って何? > プロテインダイエットはリバウンドするの?

プロテインダイエットはリバウンドの危険がある

プロテインダイエットはリバウンドする危険が大いにあります。

これは別にプロテインダイエットに限ったことではないのですが、ひとつの栄養素だけに偏るようなダイエット法は、体を栄養失調状態に置きます。そうなると、本来体内で行われていた、いろいろなホルモンや神経伝達物質が作られなくなったり、その働きが鈍ってきます。

人間が健康的に生きていくためには、7大栄養素のすべてを、ひとつもかけることなく、バランスよく摂取していくしかありません。これが健康生活の大前提になります。マイクロダイエットなどの低カロリー置き換え食品は、けっしてオススメできませんが、この点でいえばプロテインダイエットよりはマシといえます。いちおう栄養バランスが考えられているからです。(とはいっても栄養素は、酵素との関係で吸収されるので、やはり普段の食事がベストです)

プロテインダイエットがリバウンドする危険性があるのは、タンパク質しか摂取しないからです。タンパク質はアミノ酸の集合体ですが、たしかに低カロリーなので、脂肪に溜まりづらいところがあります。でも、タンパク質といえども多く摂れば、脂肪細胞に蓄えられます。

タンパク質を多く摂ったからといっても、けっして筋肉が増えて、基礎代謝量が増大するわけではありません。それは錯覚です。ボディビルダーがプロテインの粉末を飲んでいるというイメージがあるからでしょうか?プロテインを飲めば、炭水化物抜きダイエットなどよりは健康的で、筋肉を増やせると勘違いしてしまうのでしょう。

筋肉は刺激を与えることなくして、決して発達することはありません。言い換えると、筋トレもせずにプロテインダイエットだけで基礎代謝量は向上していかないのです。

普段の筋トレにおいても、タンパク質だけを摂取しても筋肉はつきません。これはボディビルダーにとっては常識ですが、かならず糖質やビタミン、ミネラルも同時に摂取しないと、いくら筋肉を鍛えてタンパク質を多く摂っても、筋肉の合成に結びつかないのです。

プロテインダイエットがリバウンドするというのも、まず筋肉を鍛えていないからです。また糖質やビタミン、ミネラルを同時に摂らないからです。この2点からして、大変偏ったダイエット法といえるでしょう。

プロテインダイエットがリバウンドするのは、糖質が全く摂れていないからでもあります。いってみれば、この方法は低炭水化物ダイエットと同じことです。ブドウ糖を摂取しないのですから、脳は飢餓状態になってしまいます。そうなると貴重な筋肉を分解して、ブドウ糖を捻出するしかなくなります。こうして、どんどん筋肉が減っていくのです。

ブドウ糖が足りない状態が続く限り、脳はブドウ糖を取り込ませようという戦略をとります。つまり甘いものを食べたくさせるのです。これはブドウ糖を摂取しないかぎり、いくらタンパク質や脂質をたくさん摂っても収まりません。その意味で、プロテインダイエットはリバウンドの原因になるのです。

しかも栄養不足状態で、ブドウ糖が足りませんから、プロテインダイエットをすると、体が飢餓状態に大きく傾くことになります。そうなると脂肪を蓄えやすくなり、太りやすい体質になるのです。同時に、前述したように、筋肉はどんどん分解されていますし、異常に甘いものが欲しくなりますから、必ずドカ食いを招くことになります。

そうすると、簡単に摂取カロリーが消費カロリーを大幅に超えることになり、プロテインダイエットでリバウンドということになるのです。こういったダイエット食品の欠点として、高価ということもあります。いつまでも食べ続けることはできません。

本当のダイエット法とは、毎日の地味な食生活と、たんたんとした運動の習慣のなかにあるのではないでしょうか。