リバウンドしないダイエット・応援館TOP > リバウンドしない方法って何? > リバウンドの原因って、一体何?

リバウンドの原因と対策法

リバウンドの原因を知ることができれば、リバウンドしないダイエットが可能になります。

これに関しては、いろいろな角度から語ることができます。そのため、別のページでは、それは短期ダイエットをしようとすることが要因と述べています。また別の観点からいえば、それは体を飢餓状態に置くからともいえます。

ここではリバウンドの原因を、筋肉量の減少という観点から、解説したいと思います。筋肉は、ダイエットで痩せるためには必要不可欠です。筋肉が少ない人は、今すぐ筋トレを始めないと、いずれリバウンドが待っているだけです。

リバウンドの原因が筋肉の減少にあるのは、もうお分かりですね。筋肉が減ると、1日全体の消費カロリーが減少してしまうからです。筋肉は基礎代謝の大半を占めています。運動中のカロリーは多いように感じますが、じつは全消費エネルギーの2割にすぎません。ですから有酸素運動による消費カロリーは微々たる物なのです。

それに対して筋肉が消費するカロリーは、全消費エネルギーの実に7割に達します。2割と7割では大違いですよね?筋肉を増やせば、1日全体の消費カロリーを大幅に増やせるのです。つまり黙っていても、寝ているときでも、どんどん脂肪を燃焼していける体質になるということ。

このようにリバウンドの原因は、筋肉を鍛える運動をしていないからです。筋力トレーニングをダイエット法に付け加えれば、あなたのダイエットは成功へと確実に近づくことになります。

筋肉というものは、使わないと衰える一方です。その反対に、使えば発達していきます。これは頭でも同じですよね?勉強したり本をたくさん読めば、脳は発達していき、シナプスも多様に、また密接に結びついていきます。使えわないと衰え、使えば発達するのです。

ダイエットをしようというとき、食事制限だけのダイエットをする女性がけっこういます。このやり方では、今述べたように筋肉を使いませんから、衰えていく一方です。もちろんスポーツが習慣になっている人や、家事などを精力的にこなしている主婦などは別です。

食べないダイエットをすると、筋肉を使わないから衰えるというだけではありません。そのほかに、カロリー不足を補うために、どんどん筋肉が分解されていくのです。とくにブドウ糖が不足すると、筋肉をアミノ酸にし、それを糖新生してブドウ糖に作り変えてしまいます。それを脳の栄養源にするのです。

とくに食抜きダイエットや、低カロリー置き換えダイエットをすると、筋肉が分解されていきます。女性の場合、もともと少ない筋肉が、さらに少なくなっていくとういうことです。食べ過ぎ傾向にある肥満体の人よりも、もっと筋肉の減少が加速していく状態が、飢餓状態やカロリー不足です。

リバウンドの原因は、このように知らない間に、貴重な筋肉がどんどん減少していくことにあります。そうなると基礎代謝が減ることになります。この状態で、今までと同じ感覚で食べると、カロリーオーバーしがちに。これがリバウンドの要因になるのです。

体が飢餓状態になるほど我慢しながら食事制限をしていると、いずれドカ食いをすることになります。視床下部にある恒常性のシステムが、異常な食欲をわかせるからです。これは、いってみれば生命を維持するための仕組み。食べないと死が待っているので、強制的に食欲をわかせるのです。

どんなに我慢していても、何かのきっかけでドカ食いすれば、あとはリバウンドしかありません。筋肉量が少ないので、一気に摂取カロリーのほうがオーバーするからですね。しかも飢餓状態では、脂肪を蓄えやすくなっていますから、ますます脂肪がついてしまうのです。リバウンドの原因は、このように筋肉量の不足と、飢餓状態になってしまうことにあるのです。