リバウンドしないダイエット・応援館TOP > リバウンドしない方法って何? > 生理中のダイエットは気をつけよう

生理中のダイエットは効率が悪い

生理中のダイエットは、もちろん痩せにくいということは、女性の方なら当然のこととして知っているでしょう。

女性には月経周期というものがあります。もちろん個人差はありますが、だいたい約1ヶ月(28日くらい)を1つの周期として、繰り返していきます。この間、どうしても脂肪や水分を抱え込みがちな時期があります。

反対に、むくみが解消し、気分も晴れ晴れとし、脂肪が燃焼しやすい時期があります。このような月経周期にあわせたダイエット法をすることが、女性がダイエットで成功するためには欠かせません。

生理中のダイエットが不利といわれるのは、女性ホルモンの一種である黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響が残っているからです。同時に脂肪を燃焼してくれるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が少ないからでもあります。

この時期は、3キロ前後の水分増加により、どうしてもむくみがちになります。でも、それは脂肪の増加ではないので、生理が終われば、自然と解消されます。

そのほか生理中にダイエットしづらいのは、脂肪を蓄えやすいからでもあります。生理前は、プロゲステロンの作用により、脂肪を蓄積していきます。これは胎児に栄養を与えるために、どうしても必要な女性の仕組み。体が脂肪を節約すると同時に、食事からも甘いものを摂取したくなります。つまり食欲が増すわけですね。これが冬の時期に重なると、冬眠の原理により、いっそう甘いものが欲しくなったり、脂肪を蓄えやすくなる可能性があります。

生理中にダイエットしにくいのは、ストレスが蓄積されやすいからでもあります。なぜなら生理中は、抗ストレスホルモンであるエストロゲンの分泌が少ないからです。エストロゲンが多い時期(生理後2週間)は、ストレスに強く、何事もはかどります。記憶力もよく、勉強や学習もスイスイ進みます。しかし生理中は、ストレスがたまりがちになるので、そのことによって食欲が増したりします。

ストレスが溜まると、コルチゾールが分泌されてきて、高血糖になります。そうなると膵臓からインスリンが過剰に分泌されて、脂肪が付きやすくなります。この時期に、甘いものを食べ過ぎると、高血糖がひどくなる危険があります。

コルチゾールは、筋肉を分解することによって血糖値を上げますから、筋肉が減りがちになります。ですから生理前や生理中は、できるだけストレスを掛けないほうがよいのです。食抜きダイエットやカロリー置き換え食品は、ストレスをかけるだけですから、生理前や整理中はやめておきましょう。

以上のように生理中はダイエットしづらいのですが、生理が終わると、一転して痩せやすくなります。いわゆる「やせ期」というものです。これは卵胞ホルモンであるエストロゲンが優位に働くため。生理後の、とくに1週間は、やせ期なので、体脂肪を減らす絶好のチャンスです。ただし無理なダイエットは失敗の元なので、当サイトで強調している「リバウンドしないダイエット方法」を行なっていきましょう。

なお生理前や生理中に、一時的に体重が増えたとしても、それはリバウンドではありません。一時的なむくみであり体重の増加なので、生理が終われば、通常は自然と元に戻るものです。生理中に思ったようにダイエットできないからといって、無理な食事制限をすると、それこそ生理が終わっても、元の適正体重に戻らない危険があります。かえって体脂肪率が増えて、リバウンドしてしまうことがあるので、注意しましょう。